前田塾が「自習指導」を行う理由

なぜ「自習」が重要なのか?

「自習」が大事だということに異論を唱える人はおそらくほとんどいないでしょう。

もちろん、すべての学習を独学で行っていくのは難しい場合もあるでしょう。
とはいえ、どのような学習であっても最終的には自分が「わかる」「できる」という状態に
ならなければなりません。

何か専門的な知識を学ぶ時、多くの場合は「先生」と呼ばれる人が行う授業を受け、講義や
解説を聞くことが一般的です。

最近は対面式の講座だけでなく、インターネットを使った動画配信授業を受けることもできます。
まだまだ小中学生が動画配信で授業を受けるというのは多くはないかもしれませんが、
大学受験生や大人が専門的な知識の学習をする際や資格試験取得対策などではかなり多様な
講座が存在しています。

そうした技術の進歩によって、以前よりも格段に質的にも経済的にも効果的、効率的な学習を
進められる環境が整備されてきています。

しかし、どんなに便利になり、以前は直接受けられなかった有名な先生の授業が受けられるように
なったとしても、やはり最終的にその授業をどう生かすかは、自分にかかっているのです。

つまり、どんな優れた先生の、どんな優れた授業を受けても、必ず「自習」や「自分で復習する時間
は必要なのです。

「自分でやる」ができないから塾に行くのに・・・

こうしたお話をすると、多くの方にこんな風に言われます。

「自分でやらないといけないのはわかりますが、うちの子、そもそも勉強の仕方がわかっていないようなんです」

そうです。

「自習」が大事なのはみんなわかっているのです。

しかし、いざやろうと思って教科書や問題集を広げても、1行目、下手したら1文字目でもうお手上げ、
となる人も少なからずいるのです。
それでは、せっかく授業を受けて、大切な復習を自分でやろうと思っても難しい。

また、学校や塾などの多くの学習の現場では、「宿題」が出されるので、多くの生徒はそれを
「こなす」ことで復習をした気になります。
もちろん宿題は大切なのですが、それをやるタイミングややり方も大事なので、ただやみくもに
宿題をこなせばいいというわけではありません。

一部、集団塾などでは、授業でやったことの類題などを大量に宿題として出します。
中にはそうした大量の宿題をやり切れずに、学校で分からないことを学ぶために塾に行ったのに、
大量の宿題をこなすことで一杯になり、肝心の中身が全然身についていないという人もいます。
もちろん、学習量が不足している人や、そもそもすでに自分でたくさんの演習をくり返す段階にいる
生徒であれば、こうした方法でも結果がついてくるでしょう。
しかし、多くの場合は、授業とともに「自分でやる」場面をサポートする必要があるのです。

プロ講師の個別指導に加え「自習指導」がある塾

だからこそ前田塾では、プロ講師が行う授業に加え、「自習指導」を標準装備しているのです。

最終的に「自分でやる」「自分でわかる」「自分でできる」ことをどんどん増やしていくべきですから、
ぜひみなさんもその意識だけは持っておいてください。
もちろん勉強が苦手な人、あまり時間を使ってこなかった人にとっては、ひとまず授業時間内で
きちんと講師の指導を受け、学習内容を理解し、基本的な考え方ややり方などを知る必要があります。

しかし、多くの人はそれで終わりにしてしまうのです。

授業を受けて勉強した気になってしまうのです。
先生の鮮やかな解説を聞いて分かった気になってしまうのです。

だから、授業後に出される宿題は「嫌なもの」「面倒くさいもの」としか見られず、
次の授業の直前にやっつけで終わらせるなどということもあるわけです。

授業はもちろん大事ですが、それと同等かそれ以上に自習は大事ですから、
その部分のサポートをせずに大量に宿題だけを出すというのは、少々不健全です。

なかなか自分で勉強をするのが難しいという人は「自習指導」を活用して、
勉強のやり方や学習量の不足を補ってみて下さい。

希望ヶ丘の個別指導塾・不登校生対応学習塾 前田塾|TOPページに戻る