前田塾が「定員制」を採用する理由

定員制(生徒30名限定)個別指導塾

前田塾は授業の質・指導の質を保つため在籍生徒数を限定します!

世の中にはたくさんの塾・学習塾があります。
小中高生の学習指導・受験指導を行うのが主な仕事である塾は、
ある意味で「生徒第一」を考えることが仕事だとも言えます。
生徒第一」「生徒第一主義」などを大々的に掲げる塾もたくさんあります。

しかし、本当の意味で「生徒第一」を考えられている塾がどれだけあるのでしょうか?

もちろん、本当に生徒のために有意義なサービスを提供している塾もたくさんあります。

一方で、「それって生徒のためになることなの?」と疑いたくなることもたくさんあるのがこの業界です。

 


定員制個別指導塾|希望ヶ丘の個別指導塾・不登校生対応学習塾 前田塾

多くの塾はできるだけたくさんの生徒を集めようとします。
しかし、例えば集団塾の場合であれば、優秀な(指導力のある)先生のクラスに入れるのは一握り。
さらに、成績が低迷すれば下のクラスなんてことは当たり前。
もちろん授業は講師主導で進められていきますから、個別の課題のケアが十分にされないこともしばしば。

また、そうした集団塾ではなく、近年では「個別指導」を選ぶ方も増えてきているようですが、
こちらはその性質上学生アルバイト講師が担当することが多く、その指導の質はかなりの差があります。

つまり、その意味で、多くの塾(大手だろうと中小・個人だろうと生徒数や実績にばかりこだわる塾)では、
結局その内の数パーセントしか十分なサービスを受けられないという現実もあるのです。

多くの方は「お客様」状態になってしまうのです。

特に、個別指導塾では、集団塾に比べて設定されている授業のコマ数が多くなる分、
教室長などの立場の人が把握すべき情報量は多くなります。
もちろん、授業担当の講師がきちんと生徒さんの状況を把握し、適確に指導を進めていけば、
教室長の出る幕など実はたいしてないのです。

しかし、いかんせん個別指導塾の場合、学生アルバイト講師が多いので、
何か「問題の解き方」などは教えられても、「勉強の仕方」とか「成績の上げ方」という
トータルの視点を持って指導できていない場合が多々あるのです。

もちろん優秀な先生がたくさんそろっていて、それぞれがきちんとした質で授業が展開できれば、
多くの生徒さんをご案内することも可能でしょう。
しかし、やはり個別指導塾という形態上、たくさんの生徒さんをご案内するには、
学生アルバイト講師を雇うか、授業料を非常に高く設定しなければなりません。

現在、世の中にある個別指導塾をみてください。
そのどちらかになっています。

前田塾では、そういう在り方はしたくありません。
前田塾では、生徒さんの成長のため、授業(指導)の質を保つことを第一に考えました。

その結果が生徒30名限定完全定員制個別指導塾なのです。

生徒30名限定定員制個別指導塾|希望ヶ丘の個別指導塾・不登校生対応学習塾 前田塾

希望ヶ丘の個別指導塾・不登校生対応学習塾 前田塾|TOPページに戻る