夏休みの過ごし方

いよいよ7月に突入し、「受験の夏」と呼ばれる季節に入りましたね。

夏をきっかけに受験勉強を本格的にスタートした、という方もいると思います。

 

始めるきっかけは様々なものがあるとは思いますが、

よく挙げられるのが「部活動の引退」ですね。

吹奏楽など例外の部活動はありますが、運動部は7月8月あたりが引退の時期になることが多いですね。

この引退をきっかけに、いかに勉強に目を向けるか、いかに将来を見据えて行動するか、

これが難しいところではありますが、とても大事なことです。

 

部活動が無くなり、自由時間が増えますが、決して楽をして良いわけではありません。

自分を律し、行動できた者が良い夏を送れると思います。

 

多くの塾では、夏に入ると、「夏期講習が大事」と言われ、受験生であれば非常に多くの授業数を提示されますね。

 

通常授業の回数分、夏期講習分、夏期専用テキスト代、等々・・・。

大事な夏を遊んで自由に過ごし、受験にとって無意味な夏にしないために、多くの時間を夏期講習で埋める・・・そういった子も珍しくありません。

ですが残念ながら、一ヶ月で高卒の初任給近くのお月謝を支払い、「良い夏を過ごせた」と言い切れる子は少ないのが現状です。

 

有意義な夏を過ごせる子と、ただ夏を過ごす子の違いは何でしょうか。

 

細かい違いはいくつもあります(塾側の管理不足、志望校や目標の有無など)が、

大きな違いは、自分で考えて行動しているか・現状を把握しているか・自分をコントロールできているかという点にあります。

 

アルバイトだらけで夏期講習中は毎回担当の先生が変わる塾でも、志望校がまだ決めきれず夏を迎えた子でも、

伸びる子はぐんぐん伸びます。

自分の事なのに、とりあえず夏期講習受けておく、とりあえず宿題だけやる、といった受け身姿勢が強い子は伸びるまでに時間がかかります。

 

やらないよりかは、夏期講習などは受けた方がレベルアップに繋がりますが、

「本当にお金に見合った結果がついてくるか」

ここがポイントだと思います。

 

沢山取った講習授業数は、通常授業に換算すると約4~5か月分の授業回数になる子もいます。

これだけやったのに全然伸びていない・・・。

そうならないために、自分で考える力をまずはつけておかなければなりません。

自分の将来に関わることですから、受け身になっていてはいけません。

自分には何が必要か、夏からの時間が取れる間に何をするべきか、そういったことを把握しましょう。

そして、自由時間が急に増えた中でいかに自分をコントロールできるか。

学校もない、部活動もない、今日は塾もお休み、そういった環境の中でもちゃんと受験のために行動できる人が、

今後も伸びていきますね。

 

受験生には特に「良い夏」を過ごしてほしいものですが、

全員が「良い夏」を過ごすと受験の際の競争が・・・。

なんだか矛盾する話ですね。